記事一覧

基幹労連・北越メタル労働組合

ファイル 49-1.jpgファイル 49-2.jpg

私たち北越メタル労働組合は長岡支部と三条支部の2支部で構成され、組合員数は199名、産別では日本基幹産業労働組合連合会(基幹労連)に加盟している単組であります。
主な活動としては、10月に「定期大会」を開催。12月には組合員やその家族を対象とした「忘年パーティー」を開催し、毎年多くの人より参加をいただいています。また、7月には産別内の近隣単組との「安全交流会」を開催し、組合員の安全に対する意識高揚と安全職場の構築に向けた取り組みも行っています。
今後は「結成70周年行事」も控え、更に活動的に取り組んでいきたいと思います。

JAM新潟・倉敷機械労働組合

ファイル 52-1.jpgファイル 52-2.jpg

当労組は1949年に結成され、これまで幾多の合理化の波を受け、組合員数は最大時の約1/3、現在177名です。
組合活動としては、雇用の確保、労働条件の改善はもちろんですが、福祉活動としての職場対抗ソフトボール大会やボウリング大会、青婦年部企画のスキー旅行、ディズニーリゾートへのバスツアーなどを実施しております。
会社としては昨年、台湾工場(台灣倉敷機械股份有限公司)が竣工しました。益々グローバル化に拍車がかかる中、我々労組も組合活動の原点に戻り、労使一体となってものづくり産業の発展に寄与していきたいと思っております。

JAM新潟・コロナ労働組合

ファイル 51-1.jpgファイル 51-2.jpg

コロナ労組一年間の活動を紹介します。10月『定期大会』。12月に『拡大執行委員会』3支部の執行委員が集まり、年間の活動計画を専門部ごとに立てる。3月『青年部のスキーツアー』。3月『機関役員研修会』職場委員・評議委員・執行部が参加して一年おきの宿泊・日帰り研修会を行う。6月『リフレッシュ旅行』一年おきの組合主催社員旅行。7月『支部・本部企業視察』執行部が先進企業を視察。8月『OB総会』一年おきの会社・組合合同OB社員旅行。昨年は震災の関係で実施しませんでしたが、今年はすべて行い。さらに『結成50周年行事』も控え、大変忙しい年になっています。

JP労組中越支部

住 所:長岡市坂之上町2-6-1
代表者:金内孝永

ファイル 50-1.jpg
栃尾の特別養護老人ホーム「いずみ苑」へのボランティア

ファイル 50-2.jpg
「寺泊のコロニー白岩の里」へのボランティア

JPU長岡支部は、組合員数490名の郵便局職員の労働組合です。前は全逓と言っていました。日常の仲間作りを基本とし、働きやすい職場作りのために頑張っています。また地域貢献活動の一環として、毎年「いずみ苑」と「白岩の里」へ行って汗を流しています。もう十年以上継続しています。
 2007年10月に分割民営化が決まっており、現在それに向けての取組が大きな課題となっています。自分の組織において難問山積ですが、連合の仲間と共に地域運動にも頑張ります。

国公総連(日本国家公務員労働組合総連合会)

ファイル 48-1.jpgファイル 48-2.jpg

住 所:長岡市古正寺町字中割51-3
代表者:夏井重信

職場は、農林水産省の地方出先機関となります。分会内(長岡・柏崎)には、3職場があり、長岡市内に新潟農政事務所長岡庁舎(主に食の安全・安心を監視)と長岡統計・情報センター(統計調査の依頼及び実施)が、柏崎市内に柏崎周辺農業水利事業所(農業の生産基盤や環境の整備)があります。国内農林水産業の発展に寄与すべく、それぞれの業務を実施しております。
 組合員数64名とわずかです。小泉構造改革によって事務・事業が大幅に見直され、定員削減が進められおりますが、農林水産業の再建、食の安全・安心、食とみどり・水を守る運動に全力で取り組んでいます。