記事一覧

2019年05月09日(木)  

SJネット第6回委員会

ファイル 949-1.jpg

連合中越地協第6回SJネット委員会が、5月9日(木)午後6時30分から勤労会館で開催されました。委員会では、第90回メーデー長岡地区大会反省点、SJネット委員会研修会の日程と内容、スポーツ交流会、連合新潟青年委員会・同女性委員会活動等について協議しました。

2019年05月01日(水)  

機関紙「れんごう中越地協」1000号

ファイル 941-1.jpgファイル 941-2.jpg

機関紙「れんごう中越地協」は発刊より数え5月1日号で1000号となりました。1991年1月のスタート時は月1回の発行でしたが、同年8月15日号から月2回となり、翌年3月には定期刊行物・第三種郵便物認可を取得し、公募により現在の名称となりました。そして同時に月3回発行の今の形態となり、以来、第1000号まで一度の休刊もなく定期発行が継続され、まさに継続は力であり、潤滑油・血液の役割を果たしました。機関紙「れんごう中越地協」は今後も創意・工夫・精進を積んで、読まれる機関紙、役立つ機関紙づくりに努めます。

2019年04月27日(土)  

第90回メーデー長岡地区大会 ④

ファイル 946-1.jpgファイル 946-2.jpg

中盤には、金子実行委員からプラカードコンクール審査結果が発表されました。今年のプラカードには長時間労働や働き方改革をアピールしたもののほか、看護師不足、子育て環境、改憲許すな等を訴えたものが目立ちました。大会の終盤には大抽選会。鈴木・永井SJネット委員が登場し、長岡市共通商品券、越後交通バス券、お米5㌔、カタログギフト等の一次抽選に会場が賑わいました。

2019年04月27日(土)  

第90回メーデー長岡地区大会 ③

ファイル 945-1.jpg

地域貢献事業は、長岡市内で活躍している2団体「摂食障害親の会・向日葵の会・中田代表」「NPO法人フードバンクにいがた・山崎長岡センター長」に、矢島実行委員長から各10万円が手渡されました。中田代表は、「摂食障害とは」や「子どもの辛さ、母親の辛さもある。その母親をサポートしていく活動をしている」等を述べられました。また、山崎センター長は「連合や各労組からの支援へのお礼」が述べられたほか、「もったいないからありがとうの取り組み」等が紹介されました。

2019年04月27日(土)  

第90回メーデー長岡地区大会 ②

ファイル 944-1.jpg

記念講演は、女流落語家の古今亭菊千代さんが「平和の門には福来たる」と題して講演。序盤は、海外での講演や拘置所の篤志面接委員等の経験を話されたり、あたり前と思っていた平和が、憲法にあることを強調されました。その後には「桃太郎」をベースとして、母親が眠れないと言う子供に桃太郎を話して寝かしつけようとする落語を披露。会場からも笑いがあがり、参加者も楽しく聴いていました。